ひまわりそろばん教室について

こんにちは!私、白石と申します。実をいうと、私が本格的にそろばんを始めたのは30歳を超えてからです。なのに、そろばん教室を運営しています。普通、そろばんの先生は小さい頃からそろばんを習いその技術を習得しているケースが多く、たぶん、大人になってそろばんを始めて、そして教えている先生は日本で私一人ではないでしょうか。

え?そんな人がそろばんを教えることができるの?

ご安心ください。それができるんです。なぜかというと、実は私、塾業界に携わり20年の講師ベテランさんだからです。塾にもいろいろありますが、私の専門は高校受験と中学受験で、小中学生を対象にした学習塾畑の人間です。その指導スタイルも、黒板を使用した一斉授業スタイルではなく、生徒の分からない所を直接聞き出し指導していく一対一スタイルです。「分からない」に対しての答え方の基本ができていると思ってください。 では、なぜそんな塾講師がそろばん教室をやっているのか!?まず、そろばんを始めた理由から話させてください。

そろばん教室をやっている理由

そろばんと出会ったきっかけは、YouTubeです。たまたま偶然、天才そろばん少女の動画を見ました。「すごすぎる!」と感動しました。天才そろばん少女の動画からそろばん大会の動画へと引っ張られ、「この人たち、かっこいい!」と思いました。そして、「私もそれになりたい。」と思ってしまいました。それからそろばんを独学で学び、ハマっていきました。そう、そろばんは面白いのです。

こんな面白い遊びをもっと伝えたい。

これがそろばん教室をやっている一つ目の理由です。二つ目の理由として、

脳の発達にいいと知ったからです。

学習塾を長くやっていて、認めざるを得ない事がでてきました。それは、

全ての・生徒を・熊本高校に・合格させることは・難しい

という事実です。勉強にも才能というものが存在する。ということを認めてしまっています。イチ教えることでジュウ吸収する子供が本当にいます。そういった才能は3歳までの幼児教育できまる。偉いと言われている学者さんが話していました。「もうすでに、うちの子、5歳なんだけど…。」偉いと言われている学者さんに歯向かうわけではありませんが、私は、別に3歳までじゃなくてもよくない。と思います。早めがいいかも…とは、経験的に思いますが、別に3歳でなくても良いと思います。早目に、じゃあ何をさせるか。ピアノがいいという人もいます。英会話がいいという人もいます。はたまた、外遊びこそが脳の成長にはいいんだ。という人もいます。そろばんを習わせるか迷っている方は、「公文とどっちがいいですか?」と相談を受けます。私は、公文を習っていました。公文の良さを知っています。私の小さい頃の経験と、塾を経営し始めて大人になり、公文から私の塾に塾替えをした方の意見とを合わせて、私が思う公文の良いところと弱点とそろばんの良いところと弱点を表にしてみました。※主観が入ります。もちろん、「それは間違っている」という意見もありますが、ご了承ください。そろばんの肩をもっている人間ですが、それでも正直にメリットデメリットを書いてみました。

公文とそろばんのメリット・デメリット

公文のメリット

  • 計算のスピードが上がる
  • 近所にあり通いやすい
  • 反復ができる
  • プリントをドンドンするので達成感がある

公文のデメリット

  • デメリット応用問題が解けなくなると嘆く方が結構いる(私は応用も解けていました)
  • 字が汚くなる
  • 公文教室の先生次第で楽しく通えるかがきまる
  • 終わらないと帰れないため、嫌になるケースもある先生が教えてくれない

フォローとして「公文は先生が教えてくれないから応用が解けなくなる」と感じていたりするかたもいらっしゃいますが、それは間違いです。公文のシステムは”教えない教育”にあると思います。教えないから自分で考える。私は、このシステム、好きです。と、ライバル社を持ち上げてしまいましたが、公文という大手をライバルというのもおこがましいかもしれませんが、気持ちは負けません。

そろばんメリット

  • ゲームみたいで楽しい
  • 左脳と右脳が同時に発達する
  • 暗算ができるようになる
  • 計算のスピードが超絶にまで達する
  • 集中力が上がる
  • 瞬間的記憶が発達する

デメリット

  • 近くの教室を検索すると、意外に遠い
  • マイナーになりつつある
  • 暗算ができるようになるまでに時間がかかる
  • 大手学習塾では”思考力コース”などがあり、最新のトレーニングが受けれるのでは!これと比べるとおしゃれではない。地味。遅れている感じがする

中学になった時に、公文出身の子は、計算はやはり早いです。それは自信になると思います。中学1年生1学期は周りの子に比べてやや無敵です。が、2学期になり方程式の式の立て方で読解力や応用で引っかかり、他の子どもと並びます。高校受験になると、計算が遅い子でも四校に合格する子は普通にいます。「どうして合格したの?」の答えが「計算が早かったからです」にはなりません。じゃぁ、そろばんに通わせることで、四校に合格できるようになるのか?そんなことはありません。そろばんに通わせる最大のポイントは、左脳と右脳の同時発達。これに限ると思います。暗算ができるようになるのは、その派生であって本質は、脳の同時発達。そろばんを教えようと思った理由の二つ目がここにあります。感動したYouTubeの話に戻りますが、YouTubeで出てくる関連動画の中で、そろばんを特集していたテレビ番組がアップされていました。ある小学校でそろばんの授業をいれたら、他の教科にも反映され、周りの小学校よりも高い学力をだした。という内容。偉いと言われている学者さんの話は半信半疑のくせに、ただのテレビ番組を信じる私。

そろばんの肩をもっている人間がやっぱりそろばんっていいよね。と思ってまとめるます。
将来を視野に入れると、そろばんの方がいい。だって幼児教育とは、将来を思って行うものだから。

こんな方にお勧めです

  • 脳の発達を期待し、その手段一つとして「そろばんっていいらしいよね」と考えている方
  • 子供の脳の発達の為にそろばんを検討されている方
  • お子様に学びの楽しさを知ってほしいと考えている方
  • 計算力を鍛えるのに公文の教室に通わせるか、そろばんを習わせるかで迷っている方
  • そろばんを教えることができて、さらにその先まで考えている人に教えて欲しい方

こんな方にはお勧めできません

  • そろばんの凄腕の講師がいい方
  • そろばんを究めることを目的に習い事をさせたい方

代表プロフィール

ひまわり教室/ひまわりそろばん教室代表
白石泰宏(しらいしやすひろ)

1980年生まれ。
国立熊本電波高専電子工学科卒業。
航空自衛隊勤務。
退官後海外にて15ヶ月の留学。
家庭教師、大手・個人塾講師を計3校経て、2006年に学習塾ひまわり教室を開校。
現在に至る。

ごあいさつ

~人と人との関わり合い、出会いで大きく人生が変わります。〜

いい先生、立派な先生、優しい先生もいれば、よく叱る厳しい先生もいます。大人になったいま、ようやく先生の言っていたことがわかるようになってきました。

特に厳しい先生からは、ゲンコツをもらうときもありました。学生時分「なにくそっ!」と素直に悪さを認めきれない自分もありましたが、大人になり、そこまでしてくれた先生に感謝の気持ちをもてるようになりました。

中学生活。人生にすると短い期間であるにもかかわらず、その瞬間を一生の宝としている私がいます。子供のときに得た先生との出会いは大人になってかけがえのないものへと変わっていきます。

私の先生方ほど上手に伝えられないかもしれない。しかし、私が恩師からいただいた志を今の子供達に何らかの形で返していければ…と思い、今の教室があります。

なにぶん、若輩者の自分でありますが、どうぞよろしくお願いします。

ひまわり教室代表 白石泰宏