熊本市南区(御幸・田迎・良町)のそろばん教室です。小・中学生を対象とした学習塾が母体。地頭の成長をそろばんとコミュ力で伸ばします

ひまわりそろばん教室 > ひまわりそろばん教室について

ひまわりそろばん教室について

ひまわりそろばん教室では、そろばんの操作以外に、考える力を身に着けることのできるテキストと、塾メイトとの学び合いの授業も行っています。

そろばんを習わせる目的とはなんでしょうか?

pixta_21170704_m江戸時代や、昭和中期にはそろばんを操れることで仕事がありました。
が!当然、今の世の中、そろばんでご飯は食べていけません。今の時代、電卓があります。さらに、表計算ソフトとしてエクセルがあります。
「そんなことは分かってる!」ですよね。
そろばんを習わせよとする親の想いとして、“計算が早くなるから”であったり、“脳にいいらしい”があがります。子供にそういった成長の機会を与えたい。という思いがあります。
さらに言うなら、塾ほどガッチガチに勉強させるよりは、もう少しのびのびと勉強させたい。という理由もそろばんに通わせる一つだと思います。
子供に成長の機会を与えるために、当そろばん教室では、そろばんの指導だけではなく、考える力を見つけることのできるテキストも使用しています。

思考力テキストについて

ダウンロード (2)この思考力テキストは、そろばんとは異なるものになります。考える力を養う。これを成長させるテキストです。
「うちの子、算数の文章問題や応用問題が苦手なんです。」と相談をいただくことがあります。苦手の種類にもいくつかありますが、多くの子供は、「問題文をよく読まずに答えを書く」。だから間違えます。頭が賢い、賢くないの前に、まず読まないものを読ませる習慣が必要になります。指導者の中には、「算数も国語だ!」とおっしゃるかたもいらっしゃいます。確かに、文章題を読み、理解するのは国語の力かもしれません。
思考力のテキストも、最大限に生かして脳を鍛えていきます。小学生、特に低学年の子は問題を見てすぐに「分かりません」と言ってきます。私は「まず、読むように!」といい、生徒に必要以上の甘えはさせません。
私は、問題文の意味を教えます。丸まで読んでもらい「ここまでの意味は分かる?わかるなら、次の文読んでみて。」「どうだろう、個々の日本語の意味は分かる?」このような指導になります。
考える力を養いたいのに、解き方を直ぐ教える指導は私は違うと思っています。

そろばん、思考力のテキストとお伝えしました。三つ目に、“学び合い”という授業を行います。

学び合いとは

ダウンロード (1)学び合いとはどういった物かというと、塾メイトとともに、教え合ったり、先生ごっこをしてみたり、友達の発表を聞き、よかったところなどの評価をしたり。この授業を行うと、生徒は本当に楽しそうに話し、意見をいい、笑顔を出してくれます。
授業のほとんどはそろばんとテキストになります。が、授業のアクセントとして、子供がもっと楽しめればいいと、学び合いの授業も時々行っています。

子供によりよく成長してほしいのは、親だけではありません。私もその一人です。
子供にとって何がよりよい教育につながるのか。
ひまわりそろばん教室はそろばんだけにとらわれない先につながる楽しい勉強を研究しています。

代表プロフィール

dsc_0793ひまわり教室/ひまわりそろばん教室代表 
白石泰宏(しらいしやすひろ)

1980年生まれ。
国立熊本電波高専電子工学科卒業。
航空自衛隊勤務。
退官後海外にて15ヶ月の留学。
家庭教師、大手・個人塾講師を計3校経て、2006年にひまわり教室を開校。
現在に至る。
好きな言葉:男はまっすぐ。

ごあいさつ

~人と人との関わり合い、出会いで大きく人生が変わります。〜

いい先生、立派な先生、優しい先生もいれば、よく叱る厳しい先生もいます。大人になったいま、ようやく先生の言っていたことがわかるようになってきました。

特に厳しい先生からは、ゲンコツをもらうときもありました。学生時分「なにくそっ!」と素直に悪さを認めきれない自分もありましたが、大人になり、そこまでしてくれた先生に感謝の気持ちをもてるようになりました。

中学生活。人生にすると短い期間であるにもかかわらず、その瞬間を一生の宝としている私がいます。子供のときに得た先生との出会いは大人になってかけがえのないものへと変わっていきます。

私の先生方ほど上手に伝えられないかもしれない。しかし、私が恩師からいただいた志を今の子供達に何らかの形で返していければ…と思い、今の教室があります。

なにぶん、若輩者の自分でありますが、どうぞよろしくお願いします。

ひまわり教室代表 白石泰宏

▲pagetop